街コン/企画参加型街コンセッティング!/札幌・仙台・横浜・新宿・銀座・名古屋・大阪・神戸・福岡/ステラアルファ「STELLA+α」

本文へジャンプ

「親切・丁寧・堅実」をモットーに私たちがセッティング致します!! ステラレンジャーとは
たいせつにしますプライバシー

○友達と合コンしたい
○飲食代込みで合コン
合コンセッティング
ステラ


○友達と合コンしたい
○セッティング料のみ
リーズナブル合コン
ステラシンプル


◯合コンお役立ち情報
◯合コンテクニック
合コン勝者になる☆
合コンマスター


○大学生にオススメの
 イベント情報
大学生向けの恋活サイト
ステラスチューデント

header
トップ >コンテンツトップ > 女子力アップ特集 > 紫外線ダメージに負けない肌ケア

紫外線ダメージに負けない肌ケア

戻る コンテンツトップ 次へ

暖かくなると気になってくるのが紫外線(UV)。日焼けによるダメージは肌が黒くなるだけでなく、シミやシワといった肌トラブルの原因にもなります。これからもずっと美肌でいるためには毎日のケアが大切です。

日焼けのタイプ

同じような生活環境でも日に焼けやすい方、あまり影響がないように見える方など様々です。肌に合ったケアをするためにご自分のタイプを理解しましょう。

真っ赤になるがすぐに白く戻る
日焼けが表面化することは少ないですが、肌の奥まで紫外線を通しやすい状態です。紫外線を浴びるとヒリヒリと火傷のように痛み水ぶくれとなってしまうことも。紫外線防止は念入りに。
赤くなって少し黒く日焼けするが白く戻るのは早い
肌の新陳代謝が早く日焼けしにくいタイプと言えますが、真皮層にはしっかりとダメージが蓄積されています。油断していると数年後にシワとなって現れる場合も…。
あまり赤くならず、黒く日焼けしやすい
日焼けによりメラニンが生成され、肌に残った状態です。じっくりコツコツと美白ケアを行うようにしましょう。
元から色黒ぎみでいつのまにか黒く日焼けしている
メラニンが多く生成されています。肌が乾燥しやすい状態にあるため、美白ケア以外に保湿にも力を入れるようにします。

紫外線を知ろう

紫外線には3種類あり、それぞれ紫外線A波・B波・C波と呼ばれています。このうち注意したいのはA波とB波。C波はオゾン層に吸収されているため地表には届きません。一方でA波とB波は肌に悪影響を及ぼすとされているため適切なケアが必要です。

紫外線A波(UV-A)

夏だけでなく年中降り注いでいるのがこの紫外線A波です。生活紫外線とも呼ばれ、雲やガラスも通り抜けるため油断大敵です。浴びても肌がすぐに赤くなるようなことはありませんが、真皮層まで深く届き、蓄積されてシワやたるみといったトラブルを起こす要因となります。


  紫外線A波(UV-A)で受けるダメージ

紫外線B波(UV-B)

日焼けをすると肌が真っ赤になってしまう、黒くなってしまうという症状が現れるのはこの紫外線B波が原因。リゾート紫外線とも呼ばれ、シミを作る原因となります。春からだんだんと量が増え、秋まではかなりの紫外線B波が地上に降り注いでいます。4~5月にもかなりの量が観測されているため早めのケアを行いましょう。

  紫外線B波(UV-B)で受けるダメージ


紫外線を防ぐには

日焼けをすると肌が真っ赤になってしまう、黒くなってしまうという症状が現れるのはこの紫外線B波が原因。リゾート紫外線とも呼ばれ、シミを作る原因となります。春からだんだんと量が増え、秋まではかなりの紫外線B波が地上に降り注いでいます。4~5月にもかなりの量が観測されているため早めのケアを行いましょう。

紫外線ダメージに負けない肌ケア・イメージ画像

日傘

外出時の習慣としたいのが日傘です。デザインや大きさも豊富なのでファッションアイテムの一つとして取り入れることが出来、おしゃれアイテムとしても人気があります。日差しをカットしてくれるため暑さ対策にも役立ちます。紫外線防止の加工がされたものを選びましょう。

紫外線ダメージに負けない肌ケア・イメージ画像

帽子・UVカットの衣服

洗濯物を干す際や少し屋外に出る場合などに役立つのが帽子やUVカットの衣服です。帽子はつばが広めのものを選び、顔にしっかりと影が出来るものがおすすめです。衣服は色が濃いものの方が紫外線を防ぐ効果が高いとされています。UVカットのカーディガンなどは羽織るだけで手軽に紫外線予防が出来るため便利です。袖が手の甲を覆うタイプのものや高めの襟またはフードがついたものがおすすめです

A波(UV-A)対策

日焼け止め商品の「PA(Protection Grade of UV-A)」の値をチェックしましょう。数値ではなく「PA+」「PA+++」といった「+」の数でその効果の強さが表わされています。現在では「PA++++」が最も防御指数が高く人気がありますが、肌への負担も大きくなるため気候や生活環境に合わせて使い分けましょう。

B波(UV-B)対策

日焼け止めに書いてある「SPF(Sun Protection Factor)」の数値はこのB波を防ぐ指数を表わしています。適量をきちんと守ってこまめに塗り直すことが大切です。日常生活では低いSPF値のものを、レジャーや海では高SPF値のものを使うようにしましょう。

紫外線ダメージのケア

人間の皮膚が老化する原因の8割は紫外線にあると言われています。紫外線でダメージを受けると肌の弾力が奪われ、だんだんハリを失ってしまいます。これからも輝く肌でいるためには日常のケアが重要となります。

紫外線ダメージに負けない肌ケア・イメージ画像

毎日のケア

日差しが強くない日でも紫外線は毎日私たちの上に降り注いでいます。少しずつ蓄積されるダメージを軽減するためには日頃からケアを行うことが大切です。化粧水で潤いを与えクリームや乳液の油分で蓋をしましょう。日焼け止めを使った日にはしっかりとクレンジングや洗顔で肌から落とすようにします。

日焼けしてしまった日のケア

気を付けているつもりでもうっかり日焼けしてしまうこともあります。そういう日にはなるべく早めに特別なケアを行うようにしたいものです。

日焼けケア1 日焼けした肌は軽度の火傷をしたのと同じような状態です。まずは肌を鎮静化させることが大切。日焼け止めを落とし、化粧水をしみこませたコットンやシートマスクでパックを行いましょう。特に頬は乾燥しているためパッティングで十分な水分補給を。
日焼けケア2 表面のケアだけでなく内側から栄養を補うのもポイントです。ビタミンを摂取し、肌の生まれ変わりを助けましょう。
日焼けケア3 水分をしっかりとることも大事です。肌が火照っている際の体温調節に役立ちます。
日焼けケア4 美白ケアは肌が落ち着いてから行うようにしましょう。美容液やクリームなど、ご自分の肌に合っているものを選ぶようにします。

紫外線ダメージに負けない肌ケア・イメージ画像

日焼け対策の落とし穴

肌への負担は気にしていてもつい忘れてしまいがちなのが髪のケア。真上からの紫外線を浴びる髪への紫外線ダメージは大きく、キューティクルを傷める原因となります。UVカット加工が施された日傘を使いましょう。また紫外線を防ぐ効果のあるスタイリング剤や髪にも使えるスプレー式の日焼け止めも便利です。トリートメントでのケアも欠かせません。


戻る コンテンツトップ 次へ

会員登録はこちら
次回から自動的にログイン

※パスワードをお忘れの方はこちら

会員専用メニュー
ワンクリックアンケート
ワンクリックアンケート Q5月と言えば連休!と言う方も多いのではないでしょうか(^^)? 恋人が出来たら初めてのデートは何処に行きますか?

気軽に居酒屋

レストランでディナー

近くの公園デート

ゆっくり映画館へ

その他

お名前
セイ
メイ
性別 男 
メールアドレス
(半角英数)
ステラαが伝授する話題の鍵 ステラαが伝授する話題の鍵
九星気学でみるあなたの結婚運 九星気学でみるあなたの結婚運
恋愛・結婚 × 女ゴコロ 恋愛・結婚 × 女ゴコロ
男性目線から紐解女性のスタイル 男性目線から紐解く女性のスタイル
肉食系女子・草食系女子の合コン攻略法 肉食系女子・草食系女子の合コン攻略法
紫外線ダメージに負けない肌ケア 紫外線ダメージに負けない肌ケア
モテ女の秘訣は美肌にあり! モテ女の秘訣は美肌にあり!
理想のボディを手に入れる! 理想のボディを手に入れる!